今、工場では小学校で使う丸脚の食堂テーブルと椅子を作っています。
椅子の部材を加工する松茂さん。貫に楕円ホゾを取る工程です。
樹種はイタヤカエデです。
少し小振りな食堂の椅子がテーブルに6脚納まります。
椅子と組み合わさるのがこの丸脚のテーブルです。
天板がこの丸脚にどういうバランスで乗るか、設計図ではなんとなく分かっても実際の雰囲気が楽しみです。
丸脚に楕円の幕板と貫を組む仕口、角脚より一手間も二手間もかかりますが、角脚にはない優しいかたちが生まれます。
工場の前に葉っぱが1枚落ちていました。
秋に落ちそこねたこでしょうか、雪の上で際立つ葉っぱの美しいライン。
素晴らしい自然からインスピレーションを得て、仕事ができる環境に感謝します。


マキノ