今月のn'frame BOX

今朝は−20℃くらいまで冷え込んだ東川。

DSC_7804.jpg

これから出荷となるn'frame BOXを撮るためにB工房へ。

まずは、道産イタヤカエデ↓
DSC_7781.jpg

DSC_7791.jpg

DSC_7813.jpg

そして、道産のナラ↓
DSC_7823.jpg

DSC_7851.jpg

ナラ材特有の虎斑(とらふ)の模様も見られます。




オイルで仕上げると本当に美しい木肌に。
DSC_7856.jpg

北海道産のミズナラは、その美しさからかつては輸入もされていましたが、
伐採によって数が激減し、成長も遅いので現在では入手が難しい貴重な樹種です。
ミズナラだけでなく、北海道の地で採れる広葉樹は限られています。
年月をかけて育った木々。私たちも大切にしなくては、とつくづく思います。

DSC_7832.jpg

帰り道の人工乾燥機では、
これから加工するために家づくりの外壁材についた氷を溶かしていました。

DSC_7865.jpg

雪国の田舎、ひと手間かかってしまいます。

DSC_7895.jpg

それでもだんだんと明るい時間も長くなり、陽の光からは春のあたたかさも…。
雪の下では着々と次の季節への準備がはじまっていそうです。

ナラのエクステンションテーブル クラシック

DSC_7319.jpg

あっというまに今年も2月、と思ったらその2月ももう終わり。
はやいですね。

ナラ材のエクステンションテーブルクラシックをまた写真撮りしました。

DSC_7735.jpg

2枚ある追加天板を1枚もいれていない状態。W1350

DSC_7726.jpg

1枚入れて伸ばすとこのぐらいのサイズに。W1650

DSC_7733.jpg

2枚入れるとW1950mmになります。椅子4脚だと余裕があります。

DSC_7527.jpg

DSC_7534.jpg

エクステンションのレール部分などにも金具を使わず木だけで作られています。

DSC_7552.jpg

使わない天板はテーブルの中にしまうことも。
伸ばした状態からスムーズに閉まっていくのが気持ちいい…!
のでぜひ店頭でお試しください。

DSC_7700.jpg

おまけでナラのリッラ・オーランド。
ナラ材になるとさらにクラシックな印象が強まります。

新しいベッド、SOMNUS

DSC_3977.jpg
新しいベッド「SOMNUS(ソムヌス)」ができあがりました。
−10度近い寒い日が続く中、工場の一角の部屋をストーブでなんとか暖めながら撮影。

DSC_4052.jpg

丸脚の洗練された美しい佇まい。やさしくやわらかな印象です。
写真はシングルサイズで、道産イタヤカエデのソープ仕上げです。

DSC_4031.jpg

furniture_top2.jpg

DSC_4118.jpg

DSC_4169.jpg

仕様はオリジナルのウッドスプリング+billerbeckのラテックスマットレス。
ウッドスプリングなどはまた後日詳しくご紹介したいと思います。

DSC_3796.jpg
道産ナラ材のオイル仕上げ。


ダブルサイズ。

DSC_4190.jpg
冬はあっという間に日が沈みます。
窓の外も深い青色。
寒くて暗いのに、なぜかこの色を見るといつもほっとします。


ナラのエクステンションテーブル クラシック

製品ページに載せるエクステンションテーブル クラシックの撮影を行いました。
イタヤカエデは今までの写真がありますが、ナラはあまり載せていませんでした。











優しい茶色のナラ。
製品ページにも新たに写真を追加予定です。




12月に入り、雪景色の東川です。

Glove Chair "ムード・ダークレッド"

IMG_1534.JPG

ムード・ダークレッドのグローブチェアが張り上がりました。

IMG_1580.JPG

ムードは、ニュージーランドウール92%・ポリアミド8%の張地。
いろいろなニュアンスの糸が混ざり合った深い色味が、道産イタヤカエデのきれいな白い肌によく映えます。

IMG_1578.JPG

IMG_1549.JPG

普段、革で張ったグローブチェアをよく目にしているのでとても新鮮。
新たな一面を見せてもらったようで、うれしくなります。

道産ナラのn'frame BOX

今日の東川は雨模様。





道産のナラ材を使ったn'frame BOXが出来上がりました。
ボックスひとつのシンプルなかたちです。



オイルで仕上げたナラ材は、深みのあるきれいな色合い。



ナラ材はエクステンションテーブルクラシックのような丸みのあるデザインもぴったりですが、
n'frame BOXのような直線的で少しスタイリッシュなデザインも似合います。

帯広へ

先日、帯広にある"TREE OF LIFE"さんへ伺いました。
街の中なのに、お店の前に小さなお庭があって、
緑いっぱいの素敵なお店です。(外観の写真撮り忘れました…)



北の住まい設計社の家具を1F、2Fと展示していただいています。
今回少しリニューアルし、新しくキッズ&ベビーの売り場と、
"Made in Hokkaido"の新作家具のスペースができました。

IMG_6380.jpgIMG_6374.jpg
キッズ&ベビーコーナーには、セレクトされたかわいい洋服やおもちゃがたくさん…
こどもも大人もワクワクしてしまいます。
IMG_6304.jpgIMG_6336.jpgIMG_6324.jpg
IMG_6330.jpg
このベビーシャンプー、我が家もお世話になってますが、石けんのすごくいい香りです。

IMG_6390.jpg
新作のオーバルテーブルラウンドテーブル
IMG_6395.jpgglove chair_RD_s.jpg
カラーリングのグローブチェアも。カラーリングをするとまた雰囲気が変わります。
暗めのカラーリングでもかっこ良さそう…
今度カラーリングして、セッティングして、写真撮りしたいと思います。


IMG_6403.jpgIMG_6391.jpg

食器やキャンドルホルダー、フラワーベース、作家さんの木の器などなど…
ご夫婦でセレクトされている素敵なモノたちとの出逢いを楽しめます。
宝さがしみたいでワクワクします。

これからドライブにも気持ちの良い季節。
お近くの方も、ご旅行の方も、ぜひTREE OF LIFEさん、
立ち寄ってみてください。

TREE OF LIFE
北海道帯広市西19条南5丁目1-10
tel 0155-341784
http://treeoflife1997.jp/


 

Made in Hokkaido 製作中です。

ひさしぶりのブログ更新です。

今工場では、新作のMade in Hokkaidoシリーズの家具をせっせと作っています。

DSC_6090.jpg
グレイスチェアを1脚ずつ丁寧に削っていくマツモさん。
何度が試作を重ね、やっと形になった椅子です。

DSC_6348.jpg
B工房ではスガヌマさんがオーバルテーブルに、そり止めを入れていました。
DSC_6350.jpg
オーバルテーブルの天板の形も、何度も調整してできあがりました。

DSC_6272.jpg

DSC_6289.jpg
張りでは、マツノさんがグローブチェアを。
Made in Hokkaidoのシリーズでは、シート内部にスプリングは使っていますが、
ウレタンやポケットコイルなどは使っていません。
代わりに、ラテックス(天然ゴム)やパーム(ヤシの木の繊維)、羊毛を選んでいます。
このグローブチェアの内部は、「スプリング+パーム+ラテックス+羊毛フェルト」。
環境にやさしいのももちろんですが、何より座り心地が良いので、ぜひみなさんお試し下さい。

DSC_6321.jpg
こちらはスティックバックソファのシート内部。
パームを中心に、上下をラテックスと羊毛パッドで挟んでいます。
羊毛パッドは、ドイツの老舗寝具メーカー、billerbeckさんのもの。
ラテックスと合わせているので、本当に贅沢なベッドの寝具のようです。
DSC_6343.jpg
この中身を、交換や修理ができるよう、ファスナー付きのカバーに入れて仕上げます。
DSC_6326.jpg
これらの工程、細かな部分にも気をくばりながら、すべてスズキさんが手作業で製作しています。

DSC_6363.jpg
また東川はたくさん雪が積もり、冬景色に戻ってしまいました。
もうそろそろ、土と緑が恋しい気分です。

再び体育館に灯った炎

この冬から、工場体育館の暖房が薪ストーブになりました。
ブロックとレンガで積まれた昔のままの煙突に再び煙が立ち上ります。

どんなに大きな端材(はざい)も燃やせる大きな燃焼室を持つ円筒形のストーブは、鉄をこよなく愛する函館の鍛冶屋さんに制作していただいた特別なもの。
工場に入ると、木工機械に勝るその大きさと、迫力に圧倒されます。
大まかなサイズだけを伝えて、あとは鍛冶屋さんに任せます。
単純なかたちですが、随所に施した衣装が上手に間を埋めていてバランスが取れています。
でんでん虫を発見。鉄と向き合ってきた職人の、小さな遊び心です。
木で家具を作る中で出てくる小さな端材も袋にためて、大切な燃料となります。

扉を開けると、燃焼室の中ではたくさんの薪ががメラメラと燃えています。
熱い鉄の塊から熱がどんどん放出されて、今までの灯油ストーブとは比べものにならない暖かさ。

東川の山奥はすでに雪景色。その中で、パチパチと音を建てて燃える薪の匂いは心地よいものです。
再び体育館に灯った炎は、冬の厳しさから私達を守ってくれるでしょう…

初霜が降りました。

 今朝、北の住まい設計社は0℃まで冷え込み、初霜が朝陽に照らされて地面がきらき輝いていました。
本格的な、冬支度の季節が到来です。